2009年08月09日

クリクリ坊主ふたり

52064_200908091006491.jpg


フィル、ニコ、鬼丸の3人で灣仔にある歐陽劍文(クリフ・オー=ヤン)師傅の詠春拳道場(華夏詠春拳術学院)へ詠春拳の練習をしに行ったそうです♪

そっか鬼丸も今香港に居るんやね〜♪
3人で詠春拳の練習かぁ〜!ソレ、見てみたいよねえー!!

歐陽劍文(クリフ・オー=ヤン)師傅は、フィルの兄弟子にあたります。以前に紹介したナショナルジオグラフィックの特集番組の冒頭でフィルがトレーニングを受けていたのが、クリフさんです。

…しかし…このふたり…見れば見るほど漫才師っぽいなあ〜!
ボケをかますフィルと高速裏拳突っ込みを入れるニコちん…って見えるんだよなぁ(笑)



ラベル:Philip Ng Nicholas tse
posted by radwynn at 11:33| Comment(2) | +Philip Ng | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見てみたいですねえ〜、この3人の並んで詠春拳してるとこ。クリクリちゃんはそのまま少林寺に行けそうですね。:)  吉本にも!? 漫才だったら、やっぱ当然フィルがぼけでニコちんがつっこみでしょうね〜。詠春拳でつっこまれたら痛そうやー。なんせドア壊しちゃう位ですもんね。
Posted by マック at 2009年08月11日 17:26
■マックさん♪

クリクリ坊主、なんとなく悪戯小僧に見えるのは何故でしょう(笑)
きっとフィルがボケだとは思うのですが、実は私、ニコちんはものすごーくコメディのセンスがある、と思ってるんですよね〜。
『トランサー』で真顔のまま怒濤のようにストーカー並みに相手の女性の事を語り始めるシーンとか、『詠春』の「右往〜左往〜」シーンとか、かなーり、笑えるんですよね〜。笑うシーンじゃないのに笑えたりとか、ニコちんは結構私の笑いのツボにハマる事多いんですよ(笑)
フィルがコメディックなのはもう謂わずもがななんですが…
ニコちんもフィルも、実は、シリアスで非情な表情と、にぱーっと笑う無邪気な表情と、コメディックなシーンの可笑し味、どれも表現出来る仔なんですよね…
今年末公開の『十月圍城』ではおそらくシリアス系の2人が堪能出来るはず!こうご期待!
Posted by radwynn at 2009年08月11日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。